HOME

好印象を与える事が出来る名刺交換

名刺交換の文化は、日本ではかなり多くの人が使っている立派な文化でもあります。初対面の人と会えば、自分をより判り易く伝える為に名刺の交換をします。名刺を貰った人も、より距離が縮むというメリットがあります。その場ですぐに相手の会社名や名前などの情報を知る事が出来ますし、名刺を渡す人の気持ちが伝わってきます。

もう名刺交換は、日本の文化で礼儀として扱われているのです。子供の間でも、初めての人には可愛らしい名刺を渡して仲良くなっているほどです。女性の間では、ビジネスだけではなくて友達を増やす為に名刺交換を行っています。ピンク色やアニマルの絵などが描かれている素敵な名刺を渡して、より多くの友達を作る工夫をしています。

この名刺交換の文化では、目下の人が目上の人に先に渡す暗黙のルールがあります。相手への尊重の念を込めて、丁寧に挨拶をしながら渡すスタイルがあります。取引先の社長と社長が名刺交換をする場わいには、その会社に呼ばれた人の方から名刺を先に渡す傾向が多くあります。

慶事では、右上に御祝の文字を記入して渡します。左下角は折らずに、丁寧に頭を下げながら渡します。礼儀正しい日本人ならではの名刺交換の方法で、より気持ちが伝わります。丁寧な日本の文化では、名刺交換も正しく美しく渡す人が多くいます。律儀で態度が良い人と思われて好印象を与える事が出来るのです。